手作り結婚指輪のデザイン | 手作り結婚指輪におけるデザイン

手作り結婚指輪のデザイン

手作り結婚指輪のデザインは、非常にたくさんあります。
その中で好きなものを選べますから、自分が好きなデザインの指輪を用意できるでしょう。
具体的にどんなデザインがあるのでしょうか?

手作りの結婚指輪のデザインについて

▼目次

手作り指輪で人気のデザイン

手作り結婚指輪のデザインとしてもよく使われるのは、まず指輪の基本的なデザインです。
まずはストレートというデザインがあります。
こちらはよく見る一般的なデザインで、スタンダードな水平のリングとなるデザインです。
良くも悪くもクセがないのが特徴で、シンプルなデザインになりやすいですが、その代わりにつける場面を選ばず、24時間ずっとつけていることもしやすい指輪になります。
手作り結婚指輪など、完成したあとはずっとつけることも多いですよね。
そのような使用がしやすいですから、よく選ばれているデザインです。

次にウェーブというデザインがあります。
これは波という意味になりますが、その名前の通り、リングが波のように緩やかな曲線を描くのが特徴です。
ストレートは水平のリングになりますが、ウェーブになるとリング自体に変化がつくため、少し個性的でおしゃれな指輪になります。
ちょっとおしゃれな手作り結婚指輪が欲しい方から、このウェーブデザインがよく選ばれていますね。

次にV字というデザインがあります。
これは先のウェーブのように、リング自体が緩やかな曲線を描くデザインになりますが、ウェーブのようにただ波打つような変化ではなく、もう少し規則的な変化となります。
どんな変化かというと、その指輪を水平にして正面から見ると、ちょうど緩やかなV字になるような変化となっているのです。
そのような変化となるため、ウェーブに比べるとリングが穏やかに変化しているように見えることが多いです。
これも少しおしゃれな手作り結婚指輪が欲しい方から、よく選ばれるデザインですね。

次にX字というデザインがあります。
これは2つのリングが絡み合って1つのリングとなるようなデザインで、このリングを水平にして正面から見たとき、2つのリングがちょうどX字に交わるような形となります。
2つのリングはそれぞれストレートデザインとなることが多く、シンプルな2つのリングがクロスするように交わる、オシャレなデザインとなるわけです。
リングを2つ組み合わせて作るようなデザインとなるため、各リングの素材を変え、2色のリングがクロスするという独特のデザインにすることも可能です。
手作り結婚指輪のデザインとして、これが選ばれることもあります。

ご紹介したこのようなデザインは指輪の基本的なデザインとなりますが、手作り結婚指輪のデザインとしても一般的です。
比較的見慣れている形になりますから、この中で気に入るデザインが見つかることも多いでしょう。
手作り結婚指輪のデザインをこれから選ぶとき、まずはこれらをチェックするのもおすすめです。

オリジナルデザインも人気

ただ、手作り結婚指輪に関しては、職人が手作りした完成品のほか、これから作り始めるケースも多いでしょう。
オーダーメイドを利用したり、自分で手作りしたりといった方法もあるため、よくある基本的なデザインをアレンジしたり、オリジナルのデザインを作ったりすることもできます。
基本的なデザインではなく、なるべくオリジナルのデザインを選ぶ場合、どのようなデザインにするか、人の数だけデザインの数もあることになります。
それが指輪として無理のある形状でない限り、手作り結婚指輪ならデザインも自由に決められるため、基本的なデザインとは少し違うユニークなデザインを指定できますよ。

たとえばどんなオリジナルデザインがあるでしょうか?
たとえば、指輪のデザイン自体はストレートを採用しているものの、非常に存在感の強い指輪とするため、指輪の幅や厚みを非常に多く取るデザインです。
一般的なストレートの指輪に比べ、幅や厚みを倍以上にすると、分厚くてゴツい印象が強まります。
デザイン自体はストレートの指輪となりますが、このデザインの一般的な指輪に比べて、非常に個性的な指輪となるでしょう。

ワンポイントをオリジナルにすることも可能

先のアレンジと同じように、指輪自体のデザインは一般的なものを使いつつ、それに特徴的な装飾をつけるというアレンジもあります。
たとえば指輪に自分が好きなモチーフの装飾をつけるという方法です。
植物が好きな方からはよく花やクローバーの装飾が選ばれますが、それを指輪につける宝石のように、リングにあしらうわけです。
これで普通のデザインとはまた違う、個性的な手作り結婚指輪が手に入ります。

このようにオリジナルのデザインまで含めると、手作り結婚指輪のデザインは非常に種類が多く、その指輪を作る人の数だけデザインがあります。
このデザインに正解はありません。
その指輪の持ち主となる本人が満足できるデザインとするといいです。
そのため、基本的なデザインの中から選ぶなら、一番気に入ったものを選ぶといいですし、オリジナルのデザインを作りたいなら、妥協せず自分の趣味を追求するといいでしょう。

新着情報

結婚指輪の夫婦別デザインはNG?

結婚指輪はペアじゃなくてもOK

結婚指輪のデザインは、夫婦で別デザインのものを選んでも問題ありません。
ただ、日本では、同じデザインのものを夫婦で身につけている男女の方が割合的には多く、全体の7割が、デザインを揃えた結婚指輪を身に着けているのだそうです。
これは別に風習でもないですので、お互いに良いのであれば、好きなデザインの指輪を選んでそれぞれが身に着けるようにすればいいと思います。
≫ 『結婚指輪の夫婦別デザインはNG?』

結婚指輪購入口コミ「あまり時間をかけて選べなかった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

12万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

私は中国人男性と国際結婚して、指輪は中国で買いました。

私は結婚指輪は時間をかけて悩んで買うものだと思ってましたが、お店に入ったら店員さんが「これがいい」とすすめる指輪を指にはまるか試しただけで、その指輪をお店に入って10分程で購入してしまいました。

もっと色々時間をかけて選びたかったです。

店員さんは中指の上の方に指輪を試着させます。

ここが薬指の下の方と同じ太なのだそうです。

日本でも同じ用に中指で試着をするのかは分かりません。

でも私の指は少し肉付きが良く、中国で少し食べ過ぎたら、すぐ指輪がきつくなってしまいました。

今は購入当時より4キロ太ってしまいましたので小指に指輪をはめています。

たまに抜け落ちそうになるので薬指にはめる時もありますが、きつくてずっとははめていられません。"
≫ 『結婚指輪購入口コミ「あまり時間をかけて選べなかった」』

結婚指輪購入口コミ「ブライダル雑誌を見ていて気に入りました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚8年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

男性用10万 女性用20万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

決めたポイントは、ブライダル雑誌を見ていて、デザインがおしゃれでかっこ良かったので気に入りました

すぐにカタログに載っていた電話番号に電話をして、予算と、納期を相談しました。

納期は結婚式まで5か月だったので、間に合うのが条件でした。

予算は30万円と多くはなかったので、予算内で出来るかもポイントでした。

相談すると、期間内・予算内で、デザインも自由に決めることができるとの事だったので、お願いすることにきめました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ブライダル雑誌を見ていて気に入りました」』

結婚指輪の裏側にある裏石

裏石とは?

結婚指輪について色々と調べると、「裏石」の存在にたどり着くかと思います。裏石とは結婚指輪の内側・外から見えない所に埋められた石のことで、「シークレットストーン」「インサイドストーン」とも呼ばれています。結婚指輪の内側に施すデザインとしては刻印などがありますが、裏石も結婚指輪の内側にほどこすデザインとして、人気があります。
しかし結婚指輪の裏側に裏石を施しても、何か意味があるのかと不思議に思うでしょう。こればかりは色々と言われていますが、一種のお守りとしての効果があると言われています。また裏石の存在は第三者に知られることがないため、2人だけの秘密を共有することもできます。
≫ 『結婚指輪の裏側にある裏石』

細いリングの結婚指輪メリット・デメリット!

結婚指輪を購入する際、シンプルなデザインを選ぶ人が多いです。
特に女性の場合はシンプル=細いリングを選ぶことが多く、普段使いが出来るようにと考える人が多いです。
細い結婚指輪にはメリット・デメリットがあるので、結婚指輪を選ぶ際に参考にしてみて下さい。
≫ 『細いリングの結婚指輪メリット・デメリット!』